ここはぐ cocohagu project 動物と人を結ぶ、未来への絆。

ここはぐイメージ

空飛ぶドラキュラからワンコを守ろう!どうぶつのお医者さん体験&働くワンちゃんの登場も!in 丸の内キッズジャンボリー2015 日時:2015年8月12日(水)~14日(金)  会場:東京国際フォーラム(東京都・有楽町)

ついに5年目を迎えた「ここはぐプロジェクト」の夏の恒例イベントが、8月12日~14日の3日間にわたり「丸の内キッズジャンボリー」のワークショップ「ワンダークラブ」にて開催されました。今年の目玉は、デング熱で話題になった「蚊」を勉強するプログラム。元気いっぱいの子どもたちが続々と集まり、興味津々のまなざしで参加してくれました。

かゆいだけじゃない!ワンちゃんに襲いかかる「蚊」について勉強しよう

大変!ポチくんの中にいる、くねくねしたものは何?

「空飛ぶドラキュラって何だと思う?」「蚊~!」
先生と子どもたちのそんなやり取りから、蚊の授業が始まりました。教えてくださるのは、獣医師の羽場智子先生です。

「いつも元気なポチくんが、なぜかしょんぼりしています。不思議な虫眼鏡で体の中をのぞいてみると・・・」先生が虫眼鏡をかざすと、ポチくんの体の中に細長くてくねくねしたものがたくさん!
「大変!誰か、ポチくんを助けてくれますか?」そう呼びかけると、子どもたちが次々に元気いっぱい手をあげます。ポチくんのために一人ずつ順番に、くねくねしたものを引っ張って取ってあげました。
「どうもありがとう!この細長いくねくねは、フィラリアという虫なんです」みんな真剣に先生の話に聞き入ります。

優しく、分かりやすく教えてくださる、羽場先生”イメージ

優しく、分かりやすく教えてくださる、羽場先生

虫眼鏡でのぞいてみると、ポチくんの中に何かいる!イメージ くねくねを引っ張って、ポチくんを助けたよ!イメージ

虫眼鏡でのぞいてみると、ポチくんの中に何かいる!
 
くねくねを引っ張って、ポチくんを助けたよ!

ポチくんを苦しめた原因は、身近に飛んでいる蚊!

「ポチくんの中にフィラリアがいた原因はこれ。何だかわかるかな?」虫のシルエットの絵を見せると、「蚊!」といっせいに威勢よく答える子どもたち。
「大正解!蚊がポチくんの血を吸うときにフィラリアが体の中に入ってしまったんです。実は蚊には、いろんなヒミツがあるんですよ」と、身近なのに意外と知らない蚊の特長について、先生が教えてくださいました。

【蚊のヒミツ】その1 暗くたってへっちゃら! その2 外では待ち伏せ攻撃! その3 知らないうちに血を吸うよ!
「何キロあるかな…?」

電気を消して真っ暗でも、蚊はみんなを刺せるんです

草むらの低い位置で、みんなを待ち伏せしています

気づかないうちに近づいて刺していきます

蚊に刺されないようにするには、どうすれば?

「蚊はいろんな悪いものを体の中にもっています。刺しても気づかれないような薬をまず人やワンちゃんの体に入れて、そのあとにかゆみのもとを入れたり、病気のもとや悪い虫を入れることもあります」と先生。誰もが刺されたことのある蚊は、実はちょっと恐い虫でした。
 
「では、蚊から自分の身を守るにはどうすればよいでしょう?」先生の問いかけに子どもたちは競うように手をあげて答えます。「虫除けスプレーをする」「蚊取り線香をたく」「長そでと長ズボンで肌を隠す」「水の周りにいるから近づかない」という答えから、「やっつける」「全力で逃げる」「ムシする」といった微笑ましい答えまで、次から次へと意見が飛び出しました。

はい!はい!先生あてて!”イメージ

はい!はい!先生あてて!

大きな声で元気に答えます!イメージ 大きな声で元気に答えます!イメージ

大きな声で元気に答えます!

ワンちゃんも蚊から守ってあげましょう

「では、ワンちゃんを守ってあげるにはどうすればいいかな?」今度は少し、難しい質問です。子どもたちは一生懸命考えて、たくさんの答えを出してくれました。
「みんなありがとう。ワンちゃんには人と同じ虫除けスプレーはできません。動物病院に連れていって、ワンちゃん用の虫が寄ってこないお薬をつけてあげましょう」と、先生に教えていただき、ワンちゃんを守る方法も分かりました。

そして先生から最後のメッセージ。
「ワンちゃんは『蚊に刺されてかゆい』とか『蚊がいるから散歩に行きたくない』とか言えないよね。だからみんながしっかり勉強して、ワンちゃんを守ってあげてね!」「はーい!羽場先生ありがとう!」大きな声でお礼を言って楽しい授業は終了です。知らなかった蚊のヒミツや、自分やワンちゃんの身を守る方法を学んだ、貴重な時間となりました。

研究ノートもすみずみまでチェック!”イメージ

研究ノートもすみずみまでチェック!

最後まで集中して、先生のお話を聞きました イメージ

最後まで集中して、先生のお話を聞きました

羽場 智子
獣医師羽場 智子

麻布大学獣医学部獣医学科卒業。卒業後、都内動物病院にて主に犬猫の診療・手術業務に従事し、主に整形外科及び救急医療を学ぶ。TCA(東京コミュニケーションアート専門学校)にて講師を兼務し、動物看護師・動物理学療法士・ドッグトレーナー・トリマーを目指す学生の指導にあたる。

会場のパネル展示では、「どきどきモスキートパニック 謎を解いてワンコを守ろう!」というクイズを実施。ヒントをもとに、子どもたちが知恵をしぼります。
スタッフのお兄さんに答えあわせをしてもらい、シールをもらったら、蚊の絵の上にペタッ!蚊を閉じ込めてワンちゃんを守りました。

まだまだあります! 「蚊」のコーナー 蚊のクイズにチャレンジ! まずはクイズ第1問目、わかったかな?イメージ

まずはクイズ第1問目、わかったかな?

蚊の巨大模型にびっくり!イメージ

蚊の巨大模型にびっくり!

みんなでシールを貼って蚊を閉じ込めよう!イメージ

みんなでシールを貼って蚊を閉じ込めよう!

次のページ
本物のワンちゃんの“来院”に大興奮! みんなの白衣がりりしい!どうぶつのお医者さん体験

イベントレポートTOPへもどる

ここはぐをみんなに紹介してね!
Share to Facebook
犬イメージ
BAYER

Copyright © 2011 Bayer AG All Rights Reserved.